スムーズな家づくりをしたいなら!注文住宅に関するミニ知識を分かりやすく解説します!

自由度が高く、思い通りの家づくりが出来ることが注文住宅の最大のメリットです。
スムーズにお家を作りたいのなら、事前に工務店やハウスメーカーの知識が必要となります。
当サイトでは、良いお家を作るために必要なミニ知識や、ポイントを掲載しました。
家は一生において一度の大きなお買い物とも言われる、一大イベントです。
失敗しないためにも、契約の方法や建築スケジュールといった言葉を把握し、スムーズなマイホームを手に入れましょう。

スムーズな家づくりをしたいなら!注文住宅に関するミニ知識を分かりやすく解説します!

家づくりの間取り・プランなどが決定し、本見積りに了承したあと注文住宅の契約が締結されます。
これは、依頼主と工務店あるいはハウスメーカーの間で結ばれるものです。
注文住宅の本契約は「建築工事請負契約」と言います。
ここで気をつけたいポイントは、この契約書以外の追加・変更があった場合は追加料金が発生する可能性がある、という点です。
家づくりの際の工事スケジュールや引き渡し日も掲載されています。
注文住宅の代金支払い時期や金額にも、相違がないかを十分にチェックすべきです。

注文住宅の工事請負契約の前に確認しておきたいポイント

いかなる理由があったとしても締結する書類は、絶対的に契約書であるという事をまずは認識しなければなりません。
メーカー側から何を言われようとも最終的に自らが内容を認識できるまでは、署名捺印はしてはいけないのです。
注文住宅の工事請負契約書は本書の他に、約款や設計図面に見積書で構成されています。
また、その内容としては請負金額の総額に工事内容や工期等についても記されており、明記されていない内容についても対応も確認しておくべきです。
曖昧な記載については正確に把握できるよう、質問しておくべきです。
想定外の事象が発生する事も有り得るのが注文住宅の工事ですので、工期や工事内容が守られなかった場合の対応も明らかにしておかなければなりません。
更に重要な事は工事代金の支払いをするタイミングと、その支払方法になります。
細かい点になってしまうのですが、振込手数料の負担は施主になるのか否かも聞いておかなければならないのです。
支払いに住宅ローンを利用される方であれば、引き渡しを受けてからメーカーの逸失利益を防ぐためつなぎローンの利用を示される場合があります。
その金利の提示や確認や、必要な手数料の負担額や支払者も全てを書面で提出してもらいましょう。
最低でも以上の内容は徹底して、双方の同意を得なければならないのです。

注文住宅のタイムスケジュールは依頼先により異なる

注文住宅のタイムスケジュールは依頼先によって異なります。
契約後、打ち合わせを数回行い、家を建て始めますが、打ち合わせを3ヶ月で終える建築会社もあれば半年以上かけるところもあります。
また、打ち合わせ前にライフプランを立てたり、住宅商品の工場見学や入居体験のイベントなどを設けている建築会社もありますので、そういった会社を選択すると準備期間が長くなります。
また、建築が始まってからは、工事が立て込んでいたり、何かしらのトラブルが起きたり、材料の入手が困難になっている時は、着工が遅れて家の完成が予定より遅れてしまうこともあります。
そのため、具体的に入居希望時期が決まっている場合は、建築会社を決める際にスケジュールの確認をしたほうがよいでしょう。
予定表を作成し提示してくれる業者もありますので、そのような業者を選ぶと安心です。
だからといってその時期に必ず入居できるというわけではありませんが、なるべく希望通りに注文住宅づくりを行うことができるでしょう。

注文住宅の見積もりはどのくらいの期間かかるもの?

結婚をしてから注文住宅が欲しいと考えている人でも、すぐに購入することができません。
通常は、親の土地や親のお金でもない限り、まずは賃貸物件に住みそこで金を貯めることになります。
子供などが生まれた場合には、お金はかかりますがそれでも貯めていかなければいけません。
いざ注文住宅を建築する場合には、ハウスメーカーや工務店のお世話になるはずです。
この時、1番気になるのはどれくらいの費用がかかるかでしょう。
お金に関しては、見積もりを行うことにより明確にするしかありません。
見積りをする場合、どれくらいの期間がかかるが気になるところですが、水道修理のようにわずか10分程度でお金が明確になるわけではないです。
例えば住宅を1つ建築する場合には建築材料も必要であり、また下請け業者を使うケースも少なくありません。
それぞれどれぐらいの金額になるかを細かく見ていき、おおよその金額を出してきます。
安すぎても後から請求することになるためちょうど良い塩梅が重要です。

注文住宅で利用する住宅ローンの開始時期は?

注文住宅を建てたときに、ほとんどの人は高額商品のためにローンを利用する人も多いことでしょう。
開始時期がいつからになるのか気になる人も多いことと思いますが、住宅の融資実行は建物の引き渡し時に行われるのです。
建て主が正式になるまで、融資は受けられず、建物完成後に登記を行い住宅ローン本審査に通ることでようやく借金することができます。
そのために開始時期は、注文住宅が引き渡された後からです。
値段は土地の値段から建物の着工など、多くの費用が発生していきます。
しかし着工する時に、着手金などの支払いが事前に必要なケースが多いために、あらかじめ頭金を準備しておく必要があるのです。
そして自己資金が全くない場合は、「つなぎ融資」を受けて支払うことになります。
つなぎ融資とは借りる金融機関から提供を受けて、抵当なしで借りることができるお金です。
これらのお金をあらかじめ視野にいれたうえで、注文住宅を契約する必要があるのです。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅で必要な知識

自由度が高く、思い通りの家づくりが出来ることが注文住宅の最大のメリットです。スムーズにお家を作りたいのなら、事前に工務店やハウスメーカーの知識が必要となります。当サイトでは、良いお家を作るために必要なミニ知識や、ポイントを掲載しました。家は一生において一度の大きなお買い物とも言われる、一大イベントです。失敗しないためにも、契約の方法や建築スケジュールといった言葉を把握し、スムーズなマイホームを手に入れましょう。

Search